So-net無料ブログ作成

10.03.27 FREERUN4月号と布施 忠 インタビュー [お仕事]

FREERUNの4月号が発売になりました。
今回書かせてもらったのは「アルツジャム」「the SLOPE」「布施 忠 インタビュー」そして「Chapter One 〜LibTech編〜」の4本です。

「アルツジャム」のことはまた改めてこのブログで書こうと思いますが。
本当に大事なことはちゃんとそこにありました。
結局、僕らは思い込んでただけなんだねぇ、ってのが正直な気持ちでした。
ま、詳細は後日。

それから。
「the SLOPE」はホントにおもしろい大会になってきたな、って感じッス。
ノックダウンの組み合わせの妙っていうのかな。
そのあたりを楽しめるようになると、この大会の面白さは倍増します。
ライダープロフィールをもっとみんなに知ってもらう方法を模索しながら
滑走中のライダーの声を無線で飛ばしたりするようなリアルな演出ができでば、
もっともっと楽しくなるだろうな。僕が。 (^_^;

「Chapter One」はひょんなことから始まった企画なんですが。
スノーボードの歴史をきちんと記しておく必要が出てきてるんじゃないかと考えており。
その意味では、しばらくライフワーク的に続けていけたらおもしろいかなと思っています。

布施 忠のインタビューは、今まで書いてきたインタビューの中でも、かなり力が入ったものになっちゃったかもしれません。
僕としては割とメロウに書くつもりだったんですが。
やっぱり取材対象がアツいと、そこに引っ張られちゃうんですね。
タダシにはいろいろな話を聞いてみたかったんですが。
いちおう、今回は
「タダシは何を考えて世界を目指したのか」
という一点に話を絞って書きました。

世界に出ると言うことは何を意味しているのか。
世界に出たと言われるためには、何が必要なのか。
そのあたり、布施 忠というライダーがどう考えていたのかを知りたかったんです。
が。
書き上がったのは、布施 忠を世界という場所に連れ出したエネルギーの正体、みたいなものでした。
つまりタダシは、本当に真面目にまっすぐ、スノーボードをしたかったんです。

結局、タダシにはどこを目指しているか、自分はどうなりたいのか、そのために何をしないといけないのか、なんて計算高い考えなんて必要なかったんです。
もっとがむしゃらに、もっとどん欲に。
いつでも全力を出せる準備をしておくこと。
大切なのは、ただそれだけだったみたいです。

機会があれば、是非とも読んでみてください。





共通テーマ:スポーツ

10.03.12 布施 忠インタビュー [お仕事]

3月27日に発売になるFREERUNが、今シーズンの最終号になります。

で、今は今期連載させてもらったインタビューの最終話を書いています。
ラストに登場してくれるのは布施 忠。
早い時期から世界に出て活動することをイメージし、それを実現してきたライダーです。

タダシの話をすると、上手いから世界に行けた。
タダシは最初から天才だった、みたいな捕らえ方になりがちですが。
僕はそうではない、それだけではないと思っていました。
上手さやライディングの華やかさだけではなく、もっとライダーとして、表現者として欠かせない、根源的なモノがあるはずだ。
布施 忠を突き動かしているエネルギーがあるはずだ。
その根源的なエネルギーに触れて、僕らは布施 忠というライダーからパワーをもらってきたはずだ、と思っていました。
けれど、その根源的なモノが何なのか、ずっと分からないでいたんです。

10年以上前、撮影中にタダシに詰め寄られたことがありました。
何気なく発した「いぇ〜い!」の声に、タダシが
「バカにしてんすか!!」
と怒ったことがありました。

久しぶりにタダシとゆっくり話して、少しだけ見えました。
あの時、なぜ布施 忠は怒ったのか。
その理由こそが、僕がずっと探していた答えだったようです。

今回は、その話を書こうと思っています。



共通テーマ:スポーツ

10.02.16 中井インタビュー原稿 [お仕事]

昨夜最終チェックが終わり、2月27日発売のFREERUNに掲載される中井孝治のインタビュー原稿を書き終えました。
3時間に渡ったインタビューは、文字におこしてみると約5万字。けれど実際に誌面に掲載できるのは約6000字です。
分量としてはおよそ10分の1。感覚的には、書きたいことの3分の1しか書けません。もっとページがあればあれもこれも書けるのに。聞いた話しは全部伝えたいと思いながら、構成を練り直し、下書きをあちこち削り、何度も書き直した結果です。

最終的には。移籍の話しも、撮影の話しも、中井が気になってるライダーの話しも。全部バッサリ切り捨てました。ハンパに残さず、1行も触れず。その代わり、中井孝治というライダーが何を見ているのか、だけに焦点を絞って書きました。
少し伝わりにくいかもしれません。それは、中井の話し言葉のリズムを書き言葉の中に残したかったからです。時に、中井は話すことさえももどかしげで、気持ちの速度が考える速度を越えているかのようでした。
中井孝治は、全力疾走中です。
その真っ直ぐな気持ちを受け止めてもらえると嬉しく思います。


で、今日からはSBJとインタースタイル。来期のプロダクトをチェックしつつ、今シーズンのインタビュー連載のラストを飾ってくれるライダーに会ってきます。

共通テーマ:moblog

10.02.10 中井孝治インタビュー [お仕事]

一泊二日で、札幌に行ってきました。
ってか札幌滞在時間、16時間で。

20100210-11.jpg

「白い恋人 Park Air」なんかもあったんですが目的はそれではなく、中井孝治のインタビュー。

ここ1年くらい、ずっと中井の話を聞きたいなぁって思ってたんですよね。
でもいろいろタイミングが合わなくて、なかなか実現に至らず。
それがようやくGOになった、と。

最初は電話インタビューの予定だったんですが、絶対に顔を見て話したい!
ってことで、一昨日。
夕張での撮影が終わって札幌に帰ってきた中井に会いに行ってきた、と。

たとえばSeven Samuraiの「Solitary Island」にしても、RED EYES' FILMの「X」にしても。
最近の中井はナチュラルを精力的に滑ってます。
オリンピックを二度も経験したコンペティターがナチュラルに傾倒する理由。
そこにどんな変化があったのか。
今、中井がカッコいいと思うもの、カッコ悪いと思うもの。
そして、BURTONからSALOMONへの移籍について。

今まで中井には何度かインタビューさせてもらってますが、今回が最長。
スノーボードの本質。
コピーとオリジナル。
ターンとトリック。
あらゆる面から見た価値観の変化について、ガッチリ3時間ほど話し込んできました。

例によって。
まとめるにはかなり苦戦しそうです。
なにしろ3時間の話は、どこも捨てるところがないほど濃かった!
できればインタビュー完全版を原稿にまとめたいくらいです。
が、そうもいきません。
今はインタビューの音声を何度も何度も聞き返しながら、メモを作っては構成を組み直し、3時間の話を煮詰めていいところを抽出しようとしてるところです。

個人的にも、今いちばんカッコいいと思うライダーのひとり。
心を込めて書きます。
中井孝治というライダーの、まっすぐな思考を感じ取ってもらえると嬉しいです。

掲載は、今月27日発売のFREERUNです。


共通テーマ:スポーツ

10.01.15 WACONカタログ撮影中 [お仕事]

毎年2月の中旬過ぎには、東京で「SBJ(SNOWBOARD JAPAN)」っていうスノーボード関係用品の展示会が開催されます。
これ、来期の新製品を各メーカーが持ち寄って一同に展示。
こうすることで、
ショップとメディア→いっぺんにいろんなメーカーの新製品がチェックできて便利
メーカー→いっぺんに注文をまとめられるし、新製品のアピールや新規の取引先開拓もできて便利
っていうメリットが生まれます。
で、その販促用素材として、カタログやポスター、または会場で配るパンフレットなどが用意されるわけで。
当然、来期の新製品を身につけた写真が必要になります。

なわけで、WACONのカタログ用写真を撮影中です。
来期のWACONは6年目を迎えて、さらにクォリティを上げてきました。
やるね。
シンプルなデザインとナイスなカラーバリエーションは撮ってても楽しいし。
色を生かした撮影をしたいなぁ〜って思わせる展開になってます。

さらに。
今期からWACONファミリーは一気に拡大。
ルーキーチームも新設されて、ライダーはトータル10人以上という大所帯になりました。
というわけで、撮影も2班に分かれて進行っす。

ただね、もんすごでっかい寒波がヒット中で。
雪が降ってそれなりに雰囲気のある写真は撮れてるんですが、
まぁコース脇の軽い軽い新雪が気になって気になって。

めっちゃ、おなか空いてるのに、まかない抜きで厨房に入っちゃってる感じなんすよね〜。
困った困った {^^}

共通テーマ:スポーツ

10.01.13 次号FREERUNでは、三人のライダーにインタビュー。連載も始まるよ [お仕事]

今月もギリギリで締めきりに滑りこむっていう綱渡り的展開のまっただ中です。
こうなるんじゃないかと思って年末はかなり詰めて仕事したし、お正月もまぁまぁがんばったのに。
どうしても、あそこをこういじくって、この表現をこうして、ってやってるとギリギリになるんだよなぁ〜 {^^}
ま、途中でど〜しても我慢できねぇ!って、天神平に滑りに行ったりしたからね。
このタイミングでまだ原稿書いてるっていうのは予想もできたし。
その意味では編集部には申し訳ない限りなんだけど。
なんせ根が雪好きなもんで {^^}

ひとまず出口が見えたのはインタビュー。
次号のFREERUNでは9ページをもらって、僕が今興味のある人の話をフリースタイルで聞かせてもらいました。
もちろん興味があるって言えば、日本人外国人問わずにほぼ全ライダーに聞きたいことはあるし、ショップの店長さんやメーカーの人、板のデザインをしてる人、その板を作ってる工場の人、ゲレンデで仕事してる人も麓の民宿のおばちゃんがやってることにも興味津々なんですが。
限りなく広がる好奇心にも枠を作っとかないと収拾がつかないだろうってことで、ライダー三人、っていう縛りを設定。
で、ピックアップさせてもらったのは、
 関 功
 水上真里
 石坂 亮
の三人です。


インタビュー内容は今月末に発売されるFREERUNを見ていただくとして。
聞きたい話もそれぞれ方向性が違ったってのはあるけど。
ホントに考え方や指向っていうのが三者三様。
わりと面白い話が聞けて興味深いインタビューになりました。

&
次号からはちょっとした読み物の連載が始まります。
どんなブランドや人物にも、転換点みたいなものがあると思うんですけどね。
そういうきっかけになった事件やプロダクトを振り返ってみて、スノーボードカルチャーを見つめ直してみたいな、と。

って言いながら、その新たな連載の原稿をまとめてる最中。
こいつをやっつけないとやばいよ〜。
なにしろ14日からは毎年恒例の、WACONのカタログ撮影が始まるし。
いよいよ来期モデルのサンプルが上がってきはじめて、スノーボード業界は'10-'11シーズンへの準備が始まりました。

さぁ、もうひとふんばりして下書きまとめたら、仕上げの原稿書こうかな。

共通テーマ:スポーツ

10.01.08 Nikon D700でレンズが取れなくなっちゃった件 [お仕事]

昨日のtwitterでもつぶやいたけど。
取材先でメインで使ってるカメラ Nikon D700にトラブル発生。
なんと、
つけたレンズが取れなくなっちゃいました。
もうだいぶ長い間、一眼レフ使って仕事してるけど。
こんなの初めて。

で、フィルムで撮ってた時代には、必ずボディは2台持って行ってました。
が、デジタルになってからは、なんとなく1台しか持ってってなかったんですよね。
なんつうか、ボディが壊れることってほとんどなくて。
フィルムの時代にボディを2台持ってたのは、感度の違うフィルムを使い分けたり、なんなら同じフィルムでも1台は思いっきり増感してたり、ってことで。
要はフィルムの使い分けのためだったんです。
その点、デジタルは1台のボディでシーンはもちろん、カットごとに感度を変えたりアレしたりコレしたりってのが自由なもんで。
ボディ2台の必要性を感じてなかったんですが。

今回に限って、
「クルマで行くんだし、機材が重くなっても大したことないから、スペアのボディ持って行くか〜」
って思って、D200もバッグに詰めといた。

大正解!!!
やっぱ、仕事ん時はスペアボディ要るわ。

で、今回のトラブルですが。
まず、D700に50mm/1.8をつけてポートレイト撮影しようとしたら。
ファインダーが暗いんですよね。
f4くらいまで絞り込んだ感じ。
なんだコレ?って思ってレンズを外そうとしたら。
リリースボタンを押してもレンズが1/16回転くらい回ったところで何かに引っかかってそれ以上回らない。
で、外せないんですわ。
こんなカメラで仕事はできませんよ、ってことで、現場ではその時点ですぐにスペアボディ登場。
事なきを得たんですが。

トラブルの症状としては、ファインダーが暗い。
明らかに絞りが開放になってない感じっす。
ってわけで、絞り込みをカチャカチャ。
何も変わらない。
シャッターは切れる。
マニュアルからオートフォーカスに切り替えてみたら、一応動く。
しかも、一応レンズを外そうとすると、1/16回転くらいまではスムースに動く。

ってわけで。
・Nikonのボディがレンズと物理的に接触してるのは、マウント、レンズリリース用ピン。オートフォーカス用の駆動軸、絞り用レバー、の4箇所。
・レンズはきちんとはまってる。マウントに斜めにねじ込んだわけではない。
100108-1.jpg

・レンズを奥までねじ込むと、きちんとリリースボタンが動く。レンズリリース用のピンは正常に作動。
・オートフォーカスがきくから、オートフォーカス用の駆動軸は正常な位置にある。
100108-2.jpg

・あとは引っかかるとしたら、絞りを操作してるレバーか? それならファインダーが暗いことも納得。
100108-3.jpg


ってわけでNikon プロサービスに持ち込んだところ。

ビンゴ!

50mm/1.8の絞りレバーがちょこっとだけ曲がってて、それがたまたまボディ側のレバーと干渉してたらしい。

ココが曲がってた。
100108-4.jpg

どうやって外したのかは分かんないけど、Nikonのサービスの人はレンズもボディも分解せずに、きれーに取り外してくれました。

で、原因はレンズ側のレバーっす、ってことだったんで修理をお願いしたら。
が〜ん。

このレンズ、補修部品の供給が2008年で終わってました。
まぁ、知らないうちに長いこと使ってたんだなぁって感心しつつ。
次の現場で同じトラブルが起こったら、マジでシャレになんね。
ってわけで、50mm/1.8は最前線から後方支援部隊に配置転換。
今後はFM-2と共に日常スナップ用機材として余生を送ることとなりましたとさ。

共通テーマ:スポーツ

09.11.05 石川敦士インタビュー for FREERUN [お仕事]

FREERUNの次号取材で石川敦士にインタビューしてきた。

なんでアツシはそんなにがんばれんの?ってハナシからガッチリ3時間。
中身みっちみちのトーク。
石川敦士ファンは多いと思うから、話した内容、録音したハナシを全部聞かせてあげたいなぁ。
そしたら石川敦士のことをもっと好きになると思うし、次に彼の滑りを見るときの気持ちが変わると思う。

今日の収穫は、石川敦士というライダーの主成分が何なのか。
そして、石川敦士というライダーのエンジンの燃料がどういったものなのか、が見えたこと。
本人がどう思うかは別だけど、僕的には「コレかな?」ってのがあった。
そのへんの話を書こうかな〜って思ってるところ。

さて、原稿はどうなることやら。
まずは3時間分のテープおこし。
その前にアルツジャムの写真選びだな。

けっこう面白い写真が撮れてるからね>アルツジャム
ライディングもだけど、今まで誰も撮ったことのない写真を載せるよ。
主催してる平 学(たいらまなぶ)がやりたかったのはコレでしょ!?ってのを、一枚の写真にしてみた。
これで正解なのかは分かんないけどね。
僕の感じたアルツジャムをなんとか1カットにしてみた。

以上すべては、FREERUNの11月27日号に掲載予定。
締め切りまであと5日。
がんばります。

共通テーマ:スポーツ

09.10.27 FREERUN、発売日です [お仕事]

本日、FREERUNの10月27日号が発売になります。
今回は
「日本精鋭ムービー軍団勢力チェック」のFCの構成と原稿、
「HEROES 日本代表列伝 小西隆文」の構成と原稿を担当させていただきました。

どっちもだいぶチカラ入れたからなぁ〜。
それなりに書きたかったことは書いたけど。
それが文字になったときに、いったいどう伝わるのか。
ページそのものがどういう感じで受け取ってもらえるのか。
そのへんが楽しみであると同時に、怖くもあります。

どっかで会ったら感想なんか聞かせていただけると助かります。
あ、ダメ出しの場合は段階を踏んで、少しずつ慣らしながらお願いします。
いきなりドカンとこられるとココロが折れちゃいますから。

んで、どういうキモチで書いたのか、みたいなことはこの号が行き渡った頃に書くかも、ですね。
先に書くとネタバレになっちゃうし。
よろしければ、是非とも本屋さんで手にとっていただいて。
あるいはネットで。



よろしく。

共通テーマ:スポーツ

09.10.16 FREERUN 10月27日号 [お仕事]

今、原稿を書ききった。
インタビューの原稿だ。
先月は鈴木裕司だった。今月は小西隆文だ。

ライダーのインタビューは、友達を売ってるような気持ちになることがある。
友達との話を書き連ねて、僕はお金をもらう。
それがとても後ろめたいことがある。
悪いことをしているような気がすることがある。
同じことをして、僕だけがちゃっかりとお金をもらってるような気がすることがある。

それを振り払うためには一生懸命書くしかない。
その友達がどんなにいいヤツで、どんなにすごい滑りをして、どんなに優しく物事を愛し、どんなにアツイ情熱を持ったがんばり屋さんなのか。
それを正直に、誠実に、ひとつのお話しに仕上げていくしかない。
一生懸命に、書くしかない。
決して、その友達のためじゃない。
友達が、雑誌に載ったことを喜んでくれるように、じゃない。
自分に恥ずかしくないように、だ。

小西の原稿はチカラを振り絞って書いた。
それでもまだまだ、彼の魅力を伝えきることはできてないと思う。
自分の力不足を痛感してる。
けれど、全力で書いたという手応えはある。
たとえ原稿の評判が悪くても。
たとえ小西本人が気に入らなくても。
自分に恥ずかしくはないと思う。

原稿は、FREERUNの10月27日号に掲載される。
タイトルは「小西隆文」だ。


共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。